[短歌]神戸にもやがて光が満ちたからそれでいいんだ今は耐えれば

ASKAさんの「それでいいんだ今は」という曲。歌詞の「誰だって怖いんだ光の拍手が聞こえてくるまでは」「耐えることで過ぎるならそれでいいんだ今は」から引用して詠んだ。誤解も、事実に基づく誹謗中傷も、時が過ぎれば和らいでいく。傷に傷を重ねて、自分の立ち位置を削ってしまわないようにすることはとても大切なこと。

神戸にもやがて光が満ちたからそれでいいんだ今は耐えれば