[短歌]十六の頃の血潮が滾るよう変わらないこと変わりたいこと

16歳のころの青さは、道を選ぶのではなく、道を作ろうとしていた。そんな風な気持ちを滾らせて、2016年に決めたことをカタチにしていきたいと思っている。決意は変えず、行動は変えて。約束に押されて進む先にあるものを、分け合って笑っていく。

十六の頃の血潮が滾るよう変わらないこと変わりたいこと