[短歌]引力があれば和音になれたのに欠けたまんまをずっと生きてる

「うどんかそばか、どっち?」ではなく「うどんが食べたい」という力強さで引っ張っていけたら、今ごろは和音になっていたのかもしれない。優柔不断という弱さを優しさに見せかけたところで、三日月は満月に笑われるのだ。

引力があれば和音になれたのに欠けたまんまをずっと生きてる