[短歌]闇はまた光を連れてくるでしょうひとときいまは僕の番です

誰かの闇や傷を肴にすることが、その闇をもっと深いものにするのだと、どうして気が付かないのだろう。ナイフとなった言葉を封じ込めたい衝動にかられつつ、光のガイドになって支えることを選ぼうと思った。

闇はまた光を連れてくるでしょうひとときいまは僕の番です