[川柳]奪われてなるものかってひがんでた

選ばれ続けることだけを考えていればいいのに、蹴落して自分の立場を守ろうとする。それでも果たされなければ、すねてひがんで「行かないよ」の言葉をかけてもらおうとする。弱くて弱くて弱くて、そんな小ささと対比してしまうくらいの大きさと眩しさ。

奪われてなるものかってひがんでた
ふあうすと2016年11月号「明鏡府」掲載