[短歌]ミサイルが遠くの国で降る青のクレヨンだけで描けない空

喜怒哀楽の一日を過ぎて、世界の何処かでは涙色をした空があるのだということを思う。血は血と涙を誘って、平穏の鐘はいつまでも響くことがない。「自分さえ良ければ」に、ときどき、残酷な自分の本性を見ているような気がしてしまう。

ミサイルが遠くの国で降る青のクレヨンだけで描けない空