[短歌]一瞬を重ねていけば永遠になるはずだった背伸びの終わり

壊れやすいその一瞬を、重ねていけば強くなるのだと信じていたけれど、それはただ、無理を重ねていただけのことだった。背伸びは続かず、亀裂になって冷たさを纏う。地に足がつくころ、僕たちは冷静な判断をしてお互いを見送ることを決めた。

一瞬を重ねていけば永遠になるはずだった背伸びの終わり