[短歌]音符なら言える癒えるとはしゃいでた不協和音に消えた約束

十分に伝わっていたのだろうけれど、伝わったからとて、叶うとは限らない。事実、想って作った僕の楽曲はもう、青の時代を象徴するただの一ページになってしまった。いつがピークで、どの瞬間から下り坂になったのだろうと、歓声の日々を思い出して不思議に思うことがある。

音符なら言える癒えるとはしゃいでた不協和音に消えた約束