[短歌]絵日記の色にならない声たちのまだ耳にいて雲の深さは

ふざけあった言葉や約束の語尾はちゃんと覚えていて、夏の訪れるたび、雲の深さから零れては耳たぶに触れていく。青春は深い青、白が引き立つ。真剣だったんだなぁと思う。青は青なりに、ずっとそんな風のままの青が続くのだろうと信じていた。

絵日記の色にならない声たちのまだ耳にいて雲の深さは