[短歌]神様の戸に届くまでローソクの照らしてくれる靴は五線譜

ところどころ、神戸には、不自然に美しい一画がある。1月の神戸は花がよく売れるという句を詠んだことがあるが、いまも続いている祈りの黙祷たちは、もう、冬の神戸の景色になってしまった。止まったままの時計を横目に、赤いローソクを見上げて寄り添う恋人同士。レクイエムとラブソングの交錯しあって、それぞれの時間が過ぎていく。

神様の戸に届くまでローソクの照らしてくれる靴は五線譜