[川柳]用はないけど電話したかったんだ

生きて生かされているということは、誰かの時間を借りているということ。そんな風に思うから、つい、連絡を先延ばしにしてしまう。明日が同じように来るとは限らず、今日の躊躇は、永遠の沈黙になってしまう可能性もある。何の用もないときにかかってくる電話は、何の用もないからこそ特別な意味があって嬉しい。僕も君の中に生きている、生かされている。

用はないけど電話したかったんだ
ふあうすと2016年6月号「明鏡府」掲載