[川柳]前向きな人が重たい夜でした

解決を求めたいときもあれば、黙ってうなずいていてほしいときもある。そういう空気を敏感に察知して、表情や立ち位置を変えられる人のことは心から尊敬する。聞き上手で寄り添い方のうまい人は、自分の負はどこで解放しているのだろうね。いつかは前へゆく道も、いまは座っていたい、そんな夜の、そんな隣の。

前向きな人が重たい夜でした
ふあうすと2012年1月号「明鏡府」掲載