[川柳]貸しボート よかった頃を置いたまま

ボートを借りて池の真ん中に漕ぎ出せば、すぐに昔に戻れそうな気がする。すぐに昔に戻れそうな気がしてしまうから、借りることを躊躇もしてしまうのだけれど。切なさを伴うむかしむかしのあたりには、いろんなスイッチがあって近付くのは危うい。見ない振りをして、ボートの横を過ぎていく。アヒルたちは短針のようにのんびりと春を浮かんでいた。

貸しボート よかった頃を置いたまま
ふあうすと2016年3月号「明鏡府」掲載