[短歌]扁桃の鬼と渡っていく夜に月は隠れて祈りのかたち

朝の遠い扁桃炎、冬の空の新月。正しい作法はともかく、月のチカラを借りて快復を願う。遠くには漁船の音、喉元には鬼たちの打楽器が容赦をしない。

扁桃の鬼と渡っていく夜に月は隠れて祈りのかたち