[短歌]その節はどうもと言われまだ遠い君の名前の記憶を急ぐ

目が合って「その節はどうも」と言われ「こちらこそ」と返事をする。名前が思い出せない。「それではまた今度ゆっくり、マエバタさん」と言って彼は去っていく。マエカワキカクインサツノニシバタは時々、強引な省略をされて記憶されている。

その節はどうもと言われまだ遠い君の名前の記憶を急ぐ