[川柳]許されたことにしている盆の月

そうでなくても月は死者に近いような気がしてならないのに、父は薄紅の満ちたころに亡くなったものだから、花鳥風月のそれぞれに思い出がリンクしている。季節のイベントを大事にした父の演出かもしれず「そこんとこはどうだったの?」と、あっちに行ったら一番に聞いてみたい▼お盆を過ぎて秋は少しずつ。月は優しい顔をしてこの道を照らす。

許されたことにしている盆の月
ふあうすと2015年9月号「明鏡府」掲載