[川柳]過去はもう養分にしてハナミズキ

ワシントンへ桜(ソメイヨシノ)を送ったところ、三年後、返礼としてハナミズキが贈られたのだという。また、阪神淡路大震災で被害の大きかった神戸市長田区では、区の木をハナミズキと定め、震災の時に受けた恩を忘れないようにという願いを込めているのだそう。恩は恩へと向かっていき、優しさを帯びて大きくなっていく。5月の季語、ハナミズキ。いま、ここに在ることは誰のどんな恩があってのものか、その意味を噛みしめながら、新緑の時間も走り抜けていく。

過去はもう養分にしてハナミズキ
ふあうすと2015年5月号裏表紙