[短歌]背伸びして焦がれた壁の向こうには雨も時々降るだろうけど

街のあちこちを卒業証書たちが歩いていた。「おめでとう」の数だけ「ありがとう」の返る、そんな会話の食卓の夜を願った。

背伸びして焦がれた壁の向こうには雨も時々降るだろうけど