[短歌]少年と少女は闇の真ん中で色を求めて泣いていました

自分たちの意思とは関係のないところで、さまざまなチカラによって道が塞がれてしまうことがあります。闇の向こうに圧力たち。すべてを捨てて走り出すこともできず、僕たちは空想に身を置いて、泣き続けることしかできませんでした。

少年と少女は闇の真ん中で色を求めて泣いていました