[短歌]置いていきなよ まっすぐにゆく君の荷物はぜんぶ引き受けるから

出立を決めた眼差しは、どうしてこんなにも清らかで遠いのでありましょうか。もう過去になってゆく荷物たちは、どうぞここへ置いて、わたしにはわたしの、あなたにはあなたの道があります。まっすぐを曲げずに、どうか曲げずに幸せに。

置いていきなよ まっすぐにゆく君の荷物はぜんぶ引き受けるから