[短歌]一日の終わりに影は言いました「役割なんだ、これでいいんだ」

どんな光も、光として存在するのではなく、影によって光のカタチを示すことができるのです。いまは、とても苦しい影が差したのだとしても、それはまた、誰かを光とする役割のこと。微笑んだら勝ちです。

一日の終わりに影は言いました「役割なんだ、これでいいんだ」