[短歌]数えたり比べたりする幸せじゃ駄目だったんだ フクロウ飛んだ

何かと比較する幸せじゃなくて、絶対的なものが必要だったんだと今なら分かる。結局僕は、最悪よりはマシだろうという程度の優しさだけで何かをしてあげられた、そんな気持ちになっていた。クロウノナイフクヲアゲラレナクテ。

数えたり比べたりする幸せじゃ駄目だったんだ フクロウ飛んだ