[短歌]ゆびきりの語尾をしまったポケットを裏返しした夏のサヨナラ

とてもとてもとても、約束が好き。「だって約束したじゃないか」なんて恨み辛みは通用しないってこと、分かっちゃいるんだけどね。ポケットには約束の言葉たち。もう無効になってしまうことを知っていて、僕はその背を見送ったのだった。

ゆびきりの語尾をしまったポケットを裏返しした夏のサヨナラ