[短歌]美しい傷だと今は思います美しいから悲しいのです

人生のあちこちに絆創膏があります。触れて詩にしてみることはありますが、ぜんぶを剥がしてしまうと、傷口から一気に昔に向かってしまいそうで、その勇気はありません。細胞は死ぬまで、美しい思い出たちを抱えて過ごすのでしょう。

美しい傷だと今は思います美しいから悲しいのです