[短歌]割り算になってしまった足し算だ いちたすいちの無音の欠片

足して積み上げていくはずだった未来に辿り着くことができず、どの瞬間から、割り算は始まっていったのだろう。一生懸命だったひとつひとつ、その足し算の残骸のようなものが無音のまま心にのこる。

割り算になってしまった足し算だ いちたすいちの無音の欠片