[短歌]今日が暮れ明日が明けてゆくという一つの星を生きる僕たち

月は太陽を追いかけて、太陽は月に運ばれる。これまでずっと続いてきた星の歴史を、これからも一緒に、分け合って繋いでいくだけのこと。ただそれだけのことがとても難しい、僕には僕の、君には君の理由がある。

今日が暮れ明日が明けてゆくという一つの星を生きる僕たち