[短歌]まっすぐが正しいという教科書を破いて捨てた青の寄り道

「正しい」とか「べき」とか、押し付けられるような言葉には距離を置いてしまう。教科書以外、寄り道の場所。たとえば買い食いをした駅前のクレープコーナー。室町時代の有名な人以上に、僕にとっては大切な歴史の一ページなんだ。

まっすぐが正しいという教科書を破いて捨てた青の寄り道