[短歌]夏だけが秋の来るのを知っていて泣くのをずっと我慢していた

夏だけが秋の来るのを知っていて泣くのをずっと我慢していた #短歌 #短歌フォト #フォト短歌 #言葉 #詩 #青田 #田んぼ

Nishibata Yasutaka / 西端 康孝さん(@bata)がシェアした投稿 –

夏は無責任に僕たちを青春の真ん中に放り込んで、その裏で、ちゃんと秋との約束を果たそうとする。枯れる、散る、終わる。ピークだったということを知るのは、すこしずつ下って、そして、すべてが砕け散ったときだ。

夏だけが秋の来るのを知っていて泣くのをずっと我慢していた