[短歌]もう君の帰ってこない空白に雨を願った雨に打たれた

もう君の帰ってこない空白に雨を願った雨に打たれた #短歌 #短歌フォト #フォト短歌 #言葉 #詩 #紫陽花 #梅雨

Nishibata Yasutaka / 西端 康孝さん(@bata)がシェアした投稿 –

それからしばらくは、雨ばかりを願っていた。晴れた日に、知らない誰かと笑っている想像。自分とのことが上書きされていくような切なさに、卑屈な祈り方しかできない自分だった。空白を埋めてくれるのはずっと、泣いている空の色だけだった。

もう君の帰ってこない空白に雨を願った雨に打たれた