[短歌]遠い目をしてため息をついたあと君は自由になったのでした

近くにないものを見ようとしている目に怯えてしまうのは、あの時のため息を覚えているからでしょう。諦めたように、決めたように、飛びたがるようにした、あの時のため息。そうして、想像した通りの遠い場所へと自由になっていったから、僕は寂しくなったのでした。近くにないものを見ようとしている目に怯えてしまうのは、あの時のため息を覚えているからでしょう。

遠い目をしてため息をついたあと君は自由になったのでした