[短歌]点滅のあとは赤だと知っていて雨を選んだ嘘を包んで

点滅のあとは赤だと知っていて雨を選んだ嘘を包んで #短歌 #短歌フォト #フォト短歌 #言葉 #詩 #豪雨 #明石駅前

Nishibata Yasutaka / 西端 康孝さん(@bata)がシェアした投稿 –

青の点滅や黄色のあとは、もう、赤しか来ないことを知っている。それは物事の道理だ。心も同じ。道理の通りに進んでいくことになっている。わかっている。わかっていて、嘘の顔をして笑う。優しい雨のようでいて、冷たい雨が降る。ぜんぶわかっていたんだ。

点滅のあとは赤だと知っていて雨を選んだ嘘を包んで