[短歌]まっすぐを曲げようとした日々のことただのヤキモチだったのだけど

君はあまりに美しすぎて、たくさんのものを惹きつけてしまいそうだった。だから僕は、一生懸命に、僕の色に染め、僕の方へと曲げようとした。結局、ただのヤキモチだったんだけどね。美しすぎて心奪われ、美しすぎて心焦がれる。想う気持ちはこうして重くなりすぎてしまう。

まっすぐを曲げようとした日々のことただのヤキモチだったのだけど