[短歌]五線譜にソラをたくさん描きまシたドんなミラいも和音でいよう

僕は言葉を音から先に考える。誰が聞いたら、どんな風に響くのか。音の聞こえた言葉は、理屈ではなく、感情の真ん中に届いていく。世の中には、音符にしたいものがたくさんあって悩ましい。和音ばかりは、これからもずっと。

五線譜にソラをたくさん描きまシたドんなミラいも和音でいよう