[短歌]村雨の露もまだ干ぬ傘の柄に君は何処ぞと思ひけるかな

「村雨の露もまだひぬ槇の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮れ」という寂蓮法師の詠んだ百人一首から本歌取りに挑戦をしてみた。僕は冷たい人間だとよく言われるが、にわか雨、傘をちゃんと持っていただろうかと想像するくらいの気持ちは持ち合わせている。皆に優しくはないけれど、特別には特別であるということだ。

村雨の露もまだ干ぬ傘の柄に君は何処ぞと思ひけるかな