[短歌]影ばかり探そうとする僕でした雲を集めて雨を降らせて

前向きやポジティブという色から遠いところにいれば、それに気付いた優しい言葉がやってくるのではないかと考えていた時期もあった。最初はとても効果的だったその方法も、次第に、大切な人の未来を妨げる荷物へとなっていく。弱さはいっときのカンフル剤。永遠を繋ぐ手段にはなりえないことを知った。

影ばかり探そうとする僕でした雲を集めて雨を降らせて