[短歌]運命と言えば重くて軽くなるひととき君と過ごした記憶

運命という言葉を、誰も、人生のどこかで使ったことがあるだろう。過ぎてそれは、笑い話になってしまうことがほとんどなのだけれど。記憶は綺麗なまま、眩しいままで、何十年経っても残るのだなぁと思う。

運命と言えば重くて軽くなるひととき君と過ごした記憶