[短歌]毛布さえかけてやれずにいた日々を今でも夢に見てしまうのは

夢を伝えるのは簡単なことだった。夢の通りに毛布を選んであげることは難しかった。置き去りにしたままの「いつか」は、今でもチクチクと細胞のどこかで僕を責め続ける。あの日あの時の分岐点。先送りにしては誤魔化してばかりいた右や左に、僕はどれだけの全力を尽くせたのかな。

毛布さえかけてやれずにいた日々を今でも夢に見てしまうのは