[短歌]まっすぐはやがて形を変えてゆく「疲れたね」って君は笑った

始まりの通りにすべてが進んでいくわけはないのだけれど、僕は「ぜったい」という言葉を使って、指切りを求めたがった。感情よりもルールに支配されていく空気は重たい。「疲れたね」という言葉に、「だったらどうすれば?」と問い返す。答えは分かっていたくせに、分かっていない顔をして問い返したんだ。

まっすぐはやがて形を変えてゆく「疲れたね」って君は笑った