[短歌]春の来るただそれだけの確信が遠かったんだ だからごめんね

「信じる」や「待つ」という言葉の響きは美しくても、僕たちはすぐに、それを演じようとする自分に酔っているだけであることに気付く。「信じるよ」という言葉の裏側には「疑わないよ」という自分への戒めがあるということ。不安の妄想が、言葉をナイフにしてしまう。

春の来るただそれだけの確信が遠かったんだ だからごめんね