川柳 20130525

川柳の文字の向こうに人がいる

2005年に初めて作った句。ふあうすと川柳社の福島直球さんに「ええですやん」と褒めていただいたことがとても嬉しかった。その一言が、今日まで川柳を続ける原動力になっている。今は空の上から、僕の作句の姿勢をどんな風に見てくれているのだろう。短歌や川柳、徒然なる文章を、チカラを抜いて綴りたくてこのサイトを始めることにした。脱力系万歳。