[短歌]焦げくさい心に雨を降らしても化学変化の果ての傷痕

焦げくさい心に雨を降らしても化学変化の果ての傷痕

最初に覚えた違和感、直感。心の鳴らす鐘の音は自分にしか聞こえないし、言い聞かせようとしてしんどくなるばかりなら、早めに距離を置くのも一つの方法かもしれない。判断は難しいけれど、断りやすいよう、時間を埋め尽くしてしまうのもいいだろうね。やらなくちゃいけないことはたくさんある、やりたいことと同じくらいにたくさん。