[川柳]カタカナが増えたね 星に祈る夜

カタカナが増えたね 星に祈る夜

幼少の頃に短冊に祈ったほとんどは「○○になりたい」という類のものだった。「○○でありますように」という他者を中心としたものが増えてきたように思うのは世界情勢の変化のせい?願わくは、国境という線に関係のない様々な祈りが、同じ一本の竹に結ばれている。そんな光景がずっと続くことではあるのだけれど▼会社のメンバーに新しい命が誕生した。この子が迎えるどんな時代も、「ハロー」と言い合える、そんな優しい世の中であってほしいと願う。

ふあうすと2014年7月号裏表紙