[短歌]「普通ならこうするでしょう、わからない? 普通にしてよ普通でいいの」

「普通ならこうするでしょう、わからない? 普通にしてよ普通でいいの」

ミスをしたなら社長が一番に謝りに来るべきでしょう論と社長が謝ってばかりいたら組織が強くならない論とがある。論を唱える相手によって自分が出向いたり出向かなかったりするのもブレているように思うし、こういうときの態度は重要だ。「普通」の教科書ってないし、平均的な「普通」を意識すると薄っぺらい感じもする。負の感情を鎮めるための「申し訳ありません」ではなく、お叱りの意味を真に理解するためにはどうしたら良いか。あぁでも、殊勝や反省を伝えるためには、やっぱり平均的な方がいいのか…なんてぐるぐる考えていると、誠意と演技って紙一重なんだなぁという気がしてくる。