[川柳]前置きが長いね やがて泣くんだね

前置きが長いね やがて泣くんだね

言いたくて言えなくて、当たり障りのないところから少しずつ核心に迫ろうとする。それに気付かない男の鈍感。機微に触れては「どうしたの?」と優しい言葉をかけることのできる人を尊敬する。涙の気配もわからずに、(この冬、何度肉まんを食べたっけ)なんて温かな想像をしてる、ツメタイヒト。

ふあうすと2013年6月号「明鏡府」掲載