川柳 20130725

セミを捕る日のよく冷えていた麦茶

ランドセルの横に朝顔を抱えるひと、来年はその鉢を抱えられるくらいに伸びているのだろうか。車窓から会話を想像して汗に濡れた自分のシャツを匂えば、「父さん!?」と声に出してしまいそうになる。毎日を生きて、似ているところが幾重にも。夏、そんなオトコたちに、冷蔵庫にはいつも涼のあったことを思い出した。

ふあうすと2013年8月号「明鏡府」掲載


川柳 20130725」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 成長と生長の使い分け ~5年でこんなに伸びる木と犬と | コトバノ

コメントは停止中です。