[短歌]壊したり直したりした日々だけがとても綺麗に輝いている

背中を見せられても、追いかけて、回り込んでごめんと謝った。謝りあえるのが当然だと思っていた。壊したり直したりした日々。いつか、当たり前が当たり前ではなくなって、冷たい風が間を抜けていくようになる。「自分は悪くはない」という主張は、ただの安いプライドで、それによって大きな代償を払っていくことになった。まだ間に合った頃。あの日々だけが、とても綺麗に輝いている。

壊したり直したりした日々だけがとても綺麗に輝いている