[短歌]太陽を追いかけてゆく月として離れた部屋の汗と涙は

僕が太陽でいられるとき、月はどこかで闇を引き連れている。光は闇に、闇は光によって存在できるが、闇は光のためとも、光は闇のためとも驕らず、ただ当然にそこで役割を果たす。「僕は君のために」と思って流す汗と涙が打算的なあいだは、僕は本当の光にも闇もなれないのだろうなぁと思う。

太陽を追いかけてゆく月として離れた部屋の汗と涙は