[短歌]繋がっていた日々だけを遠ざけて昔語りをするのでしょうか

せめて思い出の一枚にありたいと思うけれど、昔語りの場面では、上手にそこだけを回避されているのだろうか、と、自虐。同じ時間を過ごした同士も、今いる場所からは、どんな景色になって見えるのだろうね。遠ざけてみるのも人生、歌にしてみるのも人生。あれからの色々。

繋がっていた日々だけを遠ざけて昔語りをするのでしょうか