[短歌]散る前の五秒を笑いあいたいね今日の足跡ひとひらの文

得意なことが多くない僕は、せめて今この瞬間の景色と感情を言葉で表現して残せるようでありたいと願う。今日を残して、今日を重ねて、いつか散り際に、もう十分に綴ったからと笑いあって去ってゆく。目を瞑る瞬間は、笑顔であってほしい。

散る前の五秒を笑いあいたいね今日の足跡ひとひらの文