[短歌]壊れては涙を添えてばかりいる掴めなかった羽根の行方に

ぐにゃりとしたり、ぐしゃりとしたり、僕の来たこれまでには、いくつもの挫折があって、永遠の冷たい風を送り続けてくる。だから詩を書けるのかもしれないし、だから詩に逃げるのかもしれない。羽根をこぼしてしまったことを、否定はしない。その事実が、いまの僕を形成している。

壊れては涙を添えてばかりいる掴めなかった羽根の行方に


[短歌]お眼鏡に適わなかった原石が今でも雨を見上げてしまう

あの日あの時あの瞬間、どうしていれば運命を変えられたのだろうと思うことがある。それはもう、過去の一点であって、そんなことを考えてばかりいるから、原石はいつまでも磨かれないのかもしれない。「石ころ」とは書かない、安い安いプライド。

お眼鏡に適わなかった原石が今でも雨を見上げてしまう


[川柳]迷路だと思うよ生きているかぎり

悟ったように語る君の近道は、結局やっぱり壁にぶち当たるのであって、僕たちは迷路という王道に生きているのだと考えてたい。右往左往、強がりよりも弱さを放つ。「助けて」と声に出せた人から、すこしだけ、温かい迷路に向かっていくことができる。

迷路だと思うよ生きているかぎり
ふあうすと2017年3月号「明鏡府」掲載


[川柳]忘れ方ばかり忘れてしまうんだ

「忘れたいことを忘れられる薬」とか「大切な人の心臓の鼓動が止まったら、自分の心臓も同じ瞬間に止まる薬」だとか。もしかしたら、とっくにもう、完成しているのかもしれないけれど、引き換えに、悲しみの意味を人が忘れてしまっては困るから公表しないんだ。なんて、どこかの谷にある村で言い伝えられていそうだなって。

忘れ方ばかり忘れてしまうんだ
ふあうすと2017年3月号「明鏡府」掲載


[川柳]始発まで頷いていてくれるかい?

「わかるよ」のひと言だけで救われる夜もある。この愚痴や相談に必要なのは答えなのか共感なのか。察してくれる人の温度にもたれて、僕の弱さに肯定をもらった。

始発まで頷いていてくれるかい?
ふあうすと2017年3月号「明鏡府」掲載


[川柳]正しくて優しくてほら嘘をつく

何が正しいのかを僕は知らないし、本当に優しいのかどうかも分からない。ただ、そうなんじゃないかな、と思う器の大きな人たちは皆、自分の正義や性格を決して主張はしてこないし、上手に嘘をついて、僕を前へ立てようとしてくれる。頭が良くて優しい人たちのする先回りに、僕はしばらく経ってから、ようやく気が付くのだった。

正しくて優しくてほら嘘をつく
ふあうすと2017年3月号「明鏡府」掲載


[短歌]微粒子になってしまった日々があり指が和音を思い出さない

「忘れていない」はずのことも、断片となり、微粒子となって宙を彷徨う。もう、拾い集めることもできないくらい粉々になってしまった日々のことは、確かに存在したのに、見えなくて、共鳴をしない。色も音も匂いも、今の僕を構成しているはずなのに、もう。

微粒子になってしまった日々があり指が和音を思い出さない


[短歌]毛布さえかけてやれずにいた日々を今でも夢に見てしまうのは

夢を伝えるのは簡単なことだった。夢の通りに毛布を選んであげることは難しかった。置き去りにしたままの「いつか」は、今でもチクチクと細胞のどこかで僕を責め続ける。あの日あの時の分岐点。先送りにしては誤魔化してばかりいた右や左に、僕はどれだけの全力を尽くせたのかな。

毛布さえかけてやれずにいた日々を今でも夢に見てしまうのは


[短歌]まっすぐはやがて形を変えてゆく「疲れたね」って君は笑った

始まりの通りにすべてが進んでいくわけはないのだけれど、僕は「ぜったい」という言葉を使って、指切りを求めたがった。感情よりもルールに支配されていく空気は重たい。「疲れたね」という言葉に、「だったらどうすれば?」と問い返す。答えは分かっていたくせに、分かっていない顔をして問い返したんだ。

まっすぐはやがて形を変えてゆく「疲れたね」って君は笑った


[短歌]春の来るただそれだけの確信が遠かったんだ だからごめんね

「信じる」や「待つ」という言葉の響きは美しくても、僕たちはすぐに、それを演じようとする自分に酔っているだけであることに気付く。「信じるよ」という言葉の裏側には「疑わないよ」という自分への戒めがあるということ。不安の妄想が、言葉をナイフにしてしまう。

春の来るただそれだけの確信が遠かったんだ だからごめんね


[短歌]いつか来た涙の場所と言うのならここから先の背に任せてよ

案外、フォルダ保存なんだな、と思う、その涙の痕に、今度こそちゃんと、上書きをしてやりたいと決める。笑いながら、苦労を見せず、背を、大きく、僕は、これからのことだけを。

いつか来た涙の場所と言うのならここから先の背に任せてよ


[短歌]便箋と切手とペンと言の葉と散るはずのない二人だったと

永遠に続く青はないのだと知ったのは、いつ、どの点にいた僕のことだっただろう。青の散っていく傷みを知った今は、必ず春の来ると約束された冬にいたいと思ってしまうことがある。それを消極的と呼ぶのか、夢見がちと呼ぶのかは知らない。

便箋と切手とペンと言の葉と散るはずのない二人だったと


[短歌]やるべきややらねばという日めくりの秒針を消す砂の戯れ事

十代の十年と比較して、二十代や三十代の十年は飛躍的に加速した。急いでいく人生のなかで、時折、秒針を忘れさせてくれる瞬間がある。空と海は青に満ちていて、屈託のない顔のしばらく。砂には誰にも見られてはいけないようなことを描き合った。

やるべきややらねばという日めくりの秒針を消す砂の戯れ事


[川柳]いいですねまた今度是非ご一緒に

会う人のいいところを、ちゃんと、言葉にして伝えようと思っている。見えたもの、感じたもの。だから、飾る必要はない。飾った言葉ではないから、それを一生懸命に覚えておく必要もない。次に会うときもまた、同じように、僕はその人のいいところを伝えられる。笑っていてほしいし、自分も楽でありたい。暗記科目のような社交辞令は、どうにも苦手だなぁと感じている。

いいですねまた今度是非ご一緒に
ふあうすと2017年1月号「明鏡府」掲載


[短歌]真っ白に惹かれ真っ白だから妬く奴には作り笑いでいてよ

白に惹かれて、真っ赤になって、近くになって、違う角度に妬いてしまう。見える範囲のすべてが敵のようだった、僕は、守るはずの手のひらに、花束ではなく、いつのまにか鎖を持ち替えていた。いまは昔。信じることの難しさを知ったあのころのことだった。

真っ白に惹かれ真っ白だから妬く奴には作り笑いでいてよ


[短歌]さりげなく君が与えてくれるものいつか「ごめん」と終わる気がして

見えないものに、見えるもので応じた気持ちになってしまう男の器はとても小さい。冬の毛布にも似た、当たり前の、当たり前ではない優しさは、いつか溶けてしまうようで、いっそ、気付かない僕であれば良いのにと思うことがある。

さりげなく君が与えてくれるものいつか「ごめん」と終わる気がして


[短歌]ツキのない夜に出逢えたものだから永遠という特別になる

闇に舞う羽根たちが都会を白く染めていく。この非日常が永遠になればいいのにと、数年に一度の光景に心を弾ませた。ツキがない夜だからこそ出逢えるもの。奇跡は自分の立ち位置次第。

ツキのない夜に出逢えたものだから永遠という特別になる


[短歌]トンネルの寒さを与えられるのは寄せ合う肩の距離を知るため

詩は悲哀を昇華するために存在するという考え方があって、言葉を生業とする僕にとって、これまでの負はそれなりに価値があったのだろうと思っている。寒さ、暗さ、強烈であればあるほど、ここは光の射す場所であることを知る。

トンネルの寒さを与えられるのは寄せ合う肩の距離を知るため


[短歌]闇のない未来はないと思うけど闇のときでも答えになるよ

「絶対に幸せにする」という青かったころを過ぎて「つらいときだってあると思うけど」という言葉を選ってしまうあたり、大人になってしまったということなんだろう。それでも、その前提を礎として答えになりたいと願うのは、大人なり、これからの宣誓なんだ。

[短歌]闇のない未来はないと思うけど闇のときでも答えになるよ


[短歌]祈るほど僕の壊れる音がする君も泣いたりするのでしょうか

右の道を選ぶ僕に、左の道を選ぶ君がいた。その続編の幸せを祈る僕は、心の底から本当の幸せを祈っているのだろうか。どこかでは涙や挫折を意識して、右の道を選んでいたらどうなっていたのだろうと想像する君のことを浮かべていたりはしないだろうか。

祈るほど僕の壊れる音がする君も泣いたりするのでしょうか